商品の比較とよくあるご質問

商品比較画像

市販の酵素ドリンクは出荷前に過熱処理されているから酵素が死んでいて意味がないと聞きましたがどうなのでしょうか?

ハワイアン酵素は製造の過程で、90度以上で一定時間の加熱処理をしております。その過程で酵素は「失活」し働きを失います。
そもそも酵素は生き物では無いので、生きている死んでいるはありません。
酵素ドリンクにおいて、酵素は発酵の段階で原材料を分解し、低分子化する為に用いられます。
これにより身体に吸収しやすい物へと変化します。
酵素自体を摂ることよりも、原材料を抽出した「植物発酵エキス」を摂ることに意味があります。

また、発酵・熟成の段階で用いられる陶製かめによる遠赤外線効果で大量の菌が生成されます。
大量の菌が含まれたハワイアン酵素を摂取することで、腸内環境を活性化してくれるなど身体にとって良い働きをしてくれます。
菌においても同様で、生きた菌の方が必ずしも良いとは限りません。近年では死菌の方がむしろ腸内にとって良い働きをしてくれるという報告も数多くあげられています。

※ハワイアンプチっと酵素は加熱殺菌処理をしておりません。
よく加熱殺菌していない方が、酵素や菌が生きているから良いと言われますがそうではありません。
加熱して失活した酵素でも、胃で消化される点は同じなのでそこに違いはありません。

ハワイアン酵素公式オンラインショップ